2017年の夏はどの飲む日焼け止めサプリがおすすめですか?

どの飲む日焼け止めがおすすめ

そのような時に飲む日焼け止めは有効なのではないでしょうか。

 

2017年の夏はどの飲む日焼け止めサプリがおすすめですか?

 

飲む日焼け止めを使ったかたの中にはいろいろな口コミがありますが、ストレスフリーで紫外線のケアができるという声が多かったです。

 

日焼け止めはSPFとPAという値でどれくらいの紫外線をカットできるかということが示されていますが、だいたいからして強い者ほど副作用も強いものです。

 

その上にファンデーションなどを塗りたくっていると化粧ノリが悪くなります。

 

それ以外にも肌が乾燥する白く見えるといったデメリットもあります。

 

ベトベトする嫌な日焼け止めクリームですが、飲む日焼け止めを使えばそんなことがなくなります。

 

敏感肌でも飲めるタイプならok敏感肌だと紫外線吸収剤フリーのものやノンケミカルタイプのものなどを使って日焼け止めを塗りつつ紫外線を予防しようとしますが、敏感肌の方でも飲む日焼け止めなら対策が簡単なのではないでしょうか。

 

女性の中には肌は白く保つたいけれど紫外線をカットするためのグッズを塗り続けるのは面倒で1日1回で済ませたいと思っている方も多いと思います。

 

私もその一人で結構ズボラでなんだかんだといいながらクリームは1日2回程度しか塗りません。

 

今はそれでも肌にトラブルなど起こっていませんが、40代や50代になると急にシミが増えてくるという話です。

 

ですので、面倒くさがっている曲を止めないといけないなと思っています。

 

さらに全身に塗るのはとても面倒なことです。

 

足に塗るのを忘れてサンダルの形がついてしまったりすることはよくあると思います。

 

そしてさらには最近では目の中から紫外線が入ってくることを気にする人や頭皮が焼けて抜け毛の原因なるということを気にしている女性もいます。

 

だいたい頭皮はつむじのあたりや頭頂部からあげていますが、もしかしたらそこでは紫外線の影響で起きているのかもしれません。

 

頭皮に塗る日焼け止めクリームというのはありませんし、対策することが困難です。

 

でも飲む日焼け止めなら内側から身体全身に行き渡って行くので目の中でももちろん大丈夫ですし頭皮の上でも紫外線をカットすることができます。

 

飲む日焼け止めと塗る日焼け止めの違い

ここまでで飲む日焼け止めと塗る日焼け止めの様々な場面について紹介してきましたが、ここでまとめをしたいと思います。

 

まずどうも日焼け止めは塗る日焼け止めより簡単に退職できるということです。

 

飲むなら10分でクリームを塗ると3分程度かかってしまいます。

 

不快感についてはどうでしょうか。

 

飲むタイプは若干飲む時に喉に引っかかったりなど不快な点もありますが、飲んでしまえばベタベタするなどの不快感はありません。

 

持続時間は3-4時間で飲むタイプも作用時間ぐらいですので、同じぐらいなのではないでしょうか。

 

サプリの種類によっては1日1回でいいものもありますが、多くの場合は日焼けをする30分前に飲むという風になっていることが多いです。

 

そして飲む日焼け止めサプリは1日1回から2回飲むものが多いですが、日焼け止めクリームは落ちたらこまめに塗り直さないといけません。

 

敏感肌の方はより日焼け止めを選ぶのが難しいですが、食物にアレルギーがない限り飲むタイプなら大丈夫でしょう。

 

ただしポリポディウムなどアレルギーを発しやすい成分を含まれている場合がありますので、そうなると飲むタイプも無理かもしれません。

 

うっかり日焼けをした時はどうなのか
クリームのタイプはうっかり日焼けをした後で綴っても効果がないということはよく分かっていると思います。

 

飲むタイプではそのようなことがありません。

 

何タイプというのは体の中から聞いてくるので後でケアをしても効果があるとされています。

 

飲む日焼け止めのランキングそれでは2017年度の飲む日焼け止めのランキングを紹介したいと思います。

 

一番有名なのはヘリオケアで1位になっています。

 

どこのサイトでもヘリオケアが1位なのではないでしょうか。

 

これはモデルさんがたくさん愛用しているテレビでcmをやっている天然のポリフェノールだから体に害がない多くの方に愛用されて2016年度は一番売り上げが高かったというようなことが挙げられます。

 

配合されている成分はニュートロックスサンという成分でスペインでは開発されている日焼けに対抗するための成分です。

 

それ以外にリコピンやルテインなどの成分も含まれていてこれらは肌や目の保護に役立ってくれます。

 

初回は980円になっていますが、2回目から4980円に値上がりします。

 

そして4ヶ月の定期コースの約束が必要になります。

 

 

 

そして全額返金保証が付いていて何か不具合な点が出たら15日間であれば商品対応返すという保証がついています。

 

2番目にオススメなのはやはりヘリオケアではないでしょうか。

 

ヘリオケアの中でもヘリオケアウルトラDというタイプです。

 

ヘリオケアウルトラDはヘリオケアの2のタイプよりポリポディウムが2倍含まれていて480ミリグラム含まれている強いタイプです。

 

真夏に日差しをたくさん浴びる時はどうしても日焼けをしたくないときなどに飲むことが推奨されています。

 

配合されている成分はフェーンブロックです。

 

肌の抗酸化力がアップし日焼けに強いからなになれるそうです。

 

購入する場所は楽天amazonそして美容皮膚科や美容クリニックといった専門機関でも発売しています。

 

医薬品ではなくあくまでも食物社サプリメントとしての取扱いですので、効果は医薬品ほどないものの副作用もあまり心配ないということを心の中に留めておいてください。

 

3番目のランキングワポル区です。

 

ポルクというのは定期コースで7530炎になる少し高めの成分です。

 

日焼け後の日焼けにも対策をすることができるといわれていてビタミンDも配合されていて日焼け止めでビタミンDがなかなか合成しにくくなっている方にも嬉しい成分です。

 

押して3つの日焼け止めを見てきましたが、それぞれにメリットとデメリットがあると思います。

 

まずヘリオケアは9月が一番安いのですが、定期コースしかないというデメリットがあります。

 

ポルクは高いですが、定期コースの約束がないというメリットがあります。

 

ヘリオケアは効果が高くて海外でも有名ですが、輸入しないといけない価格が高いといったデメリットもあります。

 

海外製のサプリなのでそれも不安な点になっています。

 

含まれている成分はルテインやビタミンcやビタミンビタミンエースと呼ばれている美肌に役立つビタミンがたくさん含まれていてリコピンやザクロエキスといった成分天然のポリフェノール抗酸化作用のある成分も多く配合されています。

 

時間があるときに有効成分を少し見てみてください。

 

紫外線をカットする仕組み紫外線をカットする仕組みについて知りたくありませんか。

 

日焼けの仕組み

 

日焼けの仕組みを分かるとどのようにサプリメントが効くのかどのような点には至らないのかということがわかるようになってきます。

 

まず太陽は紫外線のAとBを発しています。

 

地球上に届くのは紫外線の波長紫外線のA・Bが主になっています。

 

そして90%以上は紫外線aの方でbの方は5%程度といわれています。

 

まず紫外線が当たると肌に活性酸素が増えます。

 

正確にいうとフリーラジカルという成分が増えて体が錆び付くという現象が起こります。

 

そうすると肌の潤いを保っているコラーゲンやセラミドといった物質が変性してしまい肌のシワやシミといったトラブルを起こすようになってきます。