日焼けしやすい 日焼けしにくい

日焼けしやすい人、日焼けしにくい人

日焼けしにくい肌になる
日本人は3種類の肌質があってこれは遺伝的に決まっています。

 

3種類の肌質の方はそれぞれ紫外線に当たった時に肌がどうなるかが違っています。

 

日焼けをすると

  • 肌が赤くなってあまり黒くならない人
  • 赤くなって黒くなる人
  • 赤くならずにすぐ黒くなる人

 

赤くなって黒くならない人

日本人の16%がこのタイプで日焼けをすると肌が赤くなりますが、黒くはなりません。肌は色白で色白タイプといわれています。

 

赤くなって黒くなる人

多くの日本人がこのタイプですが、日焼けをすると適度に赤くなってそれから黒く変色していきます。

 

赤くならずに黒くなる人

肌が赤くならずにすぐに黒くなってしまうタイプの方もいます。日本人の中では14パーセント程度です。この方たちが日焼けをしやすい人です。

 

日焼けの種類は2つある

実は日焼けの種類は2つあります。

 

日焼けしにくい肌になる

 

それは赤くなってしまう日焼けと黒くなってしまう日焼けです。

 

紫外線は二種類あって紫外線Aが黒くなる日焼けを起こします。
紫外線Bが赤くなる日焼けを起こします。

 

肌質によって黒くなりやすかったり、赤くなりやすかったりと感受性が違うのですね。

 

肌が黒くなりやすい方の感想

 

30代後半です。本当に日焼けしやすい体質で赤くならずにすぐに黒くなってしまいますちょっとでもすぐに黒くなってしまい営業していただきはサーファーと間違えられるぐらいでした。日焼け止めはSPF50+++の使っていますが、一年中使っているのに効果がないようです。塗り直しもまめにしているつもりですが、どうしたらいいでしょうか。


 

 

すぐ日焼けをしてしまう男ですが、すぐに日焼けをしてしまう体質です。すぐに黒くなってしまいます。肌が黒いので人にからかわれてしまいます。日焼けをしにくく肌を改善することはできないのでしょうか。色を白くすることはできないのでしょうか。


 

 

日焼けしやすい肌質で悩んでいます。日焼け直後に赤くなって黒くなってシミが増えます。ファンデーションでガードしていましたが、そばかすが多くなっています。20代ですが、少しでも元の状態に戻したいので対策方法を知りたいです。


 

 

男性ですが、日焼けしやすさに悩んでいます。もともと少し地黒で美白になりたいと思っていました。その上日焼けしやすい体質で海に入ったせいかかなり黒くなってしまいました。元の色より白くなれるんでしょうか。美白化粧品で白くできないでしょうか。UVカットでおすすめのものはないでしょうか。


 

 

肌質は遺伝による

このように肌が焼けやすい人とあまり焼けない人、元々肌が黒い人と白っぽい人というのは体質的なもので生まれた時から決まっています。

 

それでサプリメントや食べ物日焼け止めクリームなどでその体質を変えることはできません。しかし対策方法ではある程度日焼けしづらい肌にすることはできますので、どうやったら日焼けをしにくくなるかを見ていきたいと思います。

 

日焼けをしにくくなるためには

  • 肌を保湿する
  • 日焼けにいい食べ物を食べる
  • 肌のバリア機能を上げる
  • 日焼けサプリメントを使う

 

肌を保湿する

日焼けしにくい肌になる

肌が焼けにくい方はいるがきちんと保湿されています。

 

逆に肌が乾燥していると日焼けしにくい方でも日焼けをしやすくなってしまいます。

 

それは肌が潤っているとバリア機能が上がるからそのために当たるところはしっかりと保湿などのスキンケアをして焼肉することが大切です。

 

日焼けにいい食べ物

日焼けしにくい肌になる

肌を焼けにくくする食べ物と焼けやすくする食べ物があります。

 

焼けにくする食べ物は抗酸化力がある成分が入っている、例えばビタミンCの多いレモンやトマトの成分などをよく食べると良いです。

 

逆に日焼けをしやすくなる食べ物としては柑橘系の果物に含まれているソラレンという成分が紫外線の感受性を高めてしまいます。夜食べる分にはデメリットありませんが、朝、日にあたる前には食べないようにしましょう。

 

肌のバリア機能を上げる

日焼けしにくい肌になる

もうひとつ大切なことは肌のバリア機能を上げるということです。

 

例えば睡眠が不規則だったり飲酒や喫煙などが多いと肌のバリア機能が弱まってしまいます。ストレスが多い人もそうです。

 

そんな肌のバリア機能を下げてしまう生活習慣やストレスなどは避けていく必要があります。

 

日焼けサプリメントを使う

日焼けしにくい肌になる

最後は日焼けサプリメントを使う方法です。

 

これは食べ物でのケアと少し似ているのですが、日焼けサプリメントには抗酸化成分がたくさん入っています。

 

抗酸化力のある天然のポリフェノールが濃縮されていて、1日1回飲むことで日焼けをしにくく肌を作ったり日焼けをした後のアフターケアにすることもできます。

 

日焼け止めサプリが効果的な理由とは

  • 肌を日焼けしにくくする
  • 抗酸化力の高い成分が多い
  • 保湿や美白もしてくれる

 

肌を焼けにくくする

日焼け止めサプリには肌の日焼けをサポートしてくれる成分が入っています。

 

一番有名なのはヘリオケアに入っているフェーンブロックという成分やニュートロックスサンといった抗酸化力の高い成分です。

 

このような成分は日焼けを対策するために専用に作られた成分で、日差しに強い植物などから取られたエキスです。

 

抗酸化力の高い成分が多い

日焼け止めサプリには抗酸化力が高い成分が色々と配合されています。

 

抗酸化力の高い成分というのはマリーゴールドから抽出されるルテインやトマトから抽出されるリコピン、それ以外にアントシアニンという成分も有名ですし、ビタミンCなども抗酸化ビタミンとして知られています。

 

そんな成分がたくさん入っています。

 

保湿や美白もサポートしてくれる

日焼けに保湿は大切だということは先ほど紹介しましたが、そんな肌の保湿にはセラミドが重要、飲む日焼け止めサプリにはセラミドが配合されているものが多いです。

 

そしてそれぞれ独自に美白サポート成分が含まれていて肌の明るさを保つのを助けてくれます。

 

効果的な飲む日焼け止めサプリ

以下に日焼けしないしにくい肌を目指すために効果的なサプリメントを紹介したいと思います。

 

やかないサプリ

前の週から飲んで焼けにくするサプリ

 

日焼けしにくい肌になる

 

やかないサプリは7日前から飲んで日焼けをしにくくしていくための健康食品です。

 

成分には抗酸化力が高い成分や美白サポート成分や肌の保湿を担ってくれる成分など厳選成分が配合されています。

 

フィトールは美白をサポートし、パインセラはメイン成分で肌の潤いを助けてくれます。効酸化力の高い成分も沢山入っていて効果的です。

 

肌を焼きたくないという方はやかないサプリで予防的な対策をしたらいいのではないでしょうか。

 

一袋から注文できて定期コースに入る必要もありませんので、気軽に試せると思います。
日焼けしやすい!日焼けしにくい肌になるには?

 

 

やかないサプリの公式サイト

 

 

ホワイトヴェール

バランスが良くて人気だった飲む日焼け止め

 

日焼けしにくい肌になる

 

昨年大大人気だった飲む日焼け止めホワイトヴェールは、成分の種類が配合されている量と値段とのバランスがとても良く多くの人に支持されています。

 

今年は定期コースが縛り回数がなくなっていつでも解約できるようになりました。さらに人気が出そうです。

 

主成分はニュートロックスサンで紫外線対策専用に強い国スペインで作られました。

 

やかないサプリより価格が上がりますが、成分量が圧倒的に多いので焼かない対策や焼けた後の対策にも効果的です。

 

日焼けしやすい!日焼けしにくい肌になるには?

 

 

太陽に負けないサプリの公式サイト

 

 

 

インナーパラソル

ニュートロックスサンがたくさん配合

 

日焼けしにくい肌になる

 

先ほど紹介した日焼け対策専用の成分ニュートロックスサンが一番多く含まれているのがインナーパラソルです。

 

インナーパラソルはニュートロックスサンは250mg、1日で摂取できます。

 

ただたくさんの成分が入っている部分費用も高くなってしまい、効果を重視したい方にはおすすめですが、コストパフォーマンスはあまり良くないです。

 

3種類のサプリメントは目的や予算そしてどんな成分を求めるかによって使い分けるといいと思います。

 

インナーパラソルの公式サイト

 

 

 

インナーケアと外側からのケア両方が大切

体質の部分は改善できないとしても、インナーケアと外側からのケアを充電できに行なっていけば焼けにくくすることができます
大事なのは両方を行っていくこと。どちらか一方で油断せずにしっかりと対策をしていきましょう。