日焼け 色素沈着

日焼けで起きる黒くなる色素沈着はどうやって消せる

色素沈着や傷跡はどのように解消できる
パンツやショーツなどで摩擦が起こると色素沈着起きたりじんましんや虫刺されが起きると知らぬ間にかき壊して傷ができることがあります。

 

 

体は顔と違って人が見る機会が少ないですが、見えないところだからといって色素沈着して良いというわけではなくできるだけ綺麗に保ちたいものです。

 

そうするとどんな方法が効果的でしょうか。

 

角質を早くオフにするとピーリングをすることもオススメですが、炭酸パックという方法も一つの手になります。

 

炭酸パックは肌に酸素を届けてくれるものでそうすると血行が良くなります。

 

血行が良くなると新陳代謝が早くなり美容的な効果が期待できます。

 

傷跡を消す薬としてヒルドイドアットノンなどの薬がありますが、あれらは血流を良くしてターンオーバーを活発にしていく成分です。

 

それが炭酸パックでも行うことができます。

 

炭酸パックを効果的に行うためには美白成分トラネキサム酸やビタミンC誘導体などが含まれている化粧品を塗っておくということがあります。

 

そうすると炭酸パックで成分が効果的に浸透していきます。

 

有効成分が多くまで到達するので効果的です。

 

 

くるぶしや肘なのに黒ずみができる

なぜかひじや節に黒ずみができます。

 

それは紫外線の影響だけとは考えられません。

 

それは立ったり座ったり床に膝をついたりなど物理的な刺激が原因で起こるからです。

 

痩せているとおしりの骨が出っ張ってお尻に黒ずみができる場合もありますし、肘などは頬杖をついたりして黒ずみが強くなっている場合が多いでしょう。

 

紫外線の次に影響が大きいのは物理的な刺激です。

 

こすっているとだんだんと色素沈着歯黒ずみが起こってきます。

 

メラニンがその場所に過剰に生成され肌が分厚くなってだんだんとくすんできてしまうのです。

 

黒ずみを防ぐには刺激を防ぐことが大切です。

 

膝をつくときは柔らかいところに膝をつくなどなるべく刺激を与えないようにします。

 

小さいことかもしれませんが、毎日毎日繰り返していると10年20年経った時に黒ずみが定着してしまうからです。

 

黒ずみを濃くしないためには個室をして刺激を起こった時に炎症がさらに広がらないようにすることが大切です。

 

さらにいつも触れている部分は皮膚が分厚くなって抵抗力が上がっています。

 

そういうところにはなかなか化粧品が行き届きにくいというのがあります。

 

ですので、顔のようにピアス化粧品を塗ったから8月が綺麗になると早合点はできませんが、降っていないよりは効果があるでしょう。

 

 

美白ケアにはUVケアが大切

首やデコルテにシミやシワなどがあると本来の年齢より年取って見られてしまいます。

 

平均的には6才歳とって見えるといわれていて女性にとっては無視できない年齢ではないでしょうか。

 

実は首輪結構紫外線を浴びるところで特に夏ははだけた洋服を着ることが多いので日焼けをしてしまいます。

 

首輪ボディなどでうっかりUVケアを怠ってしまうことがありますが、実際にはUVケアが非常に大切です。

 

UVケアの方法としては軽くマッサージするように美容液やクリームを塗ります。

 

そして皮脂が多いデコルテをケアするときはクリームやオイルを混ぜでつけます。
効果をアップさせたい時は専用の化粧品を付けることもあります。

 

手の美白ではシワやシミができやすい所一年中紫外線を浴びて皮のように化粧品などを着けないので美白されにくいところです。

 

インナーパラソルの口コミを見たい方はこちらが便利なサイトです。

 

そして女性をとにかく頻繁に水に手をつけることが多く水時や食事の用意など体の中で一番水を触っていて乾燥しやすいところです。

 

そんな手だからこそ年齢が高くなってくるとどんどんと老化してしまう場所です。

 

乾燥して荒れると肌がガサガサになりシミやシワが増えていきます。

 

そんな手の甲をきれいにするにはどうしたらいいでしょうか。

 

まず一番大切なのは保湿ケアです。